Food & Material School

  • 食料や資源の「由来」と「未来」をデザインしよう。

バナナとバニラから見る、食料危機の可能性 〜遺伝資源と絶滅リスクに備える〜

バナナとバニラ…日本では主にスイーツなどに活用されている熱帯由来の農産物です。

しかしこれから身近な作物は今、生産・供給リスクに見舞われております。バニラに至っては平時価格の5倍以上(貴金属並み)の価格となっているほか、バナナには、ある「大きなリスク」が指摘されているのです。

本クラスでは、こうした農産物を例にとり、食料の生産・供給リスクがなぜ起きるのか?それをヘッジするにはどうすれば良いのか?を生物学・生態学的・植物生理学(疫学)的に考え、これからの農業モデル/事業モデルを考えます。

プログラム・タイプ

オンライン生セミナー

開催日時

2021年10月28日 19:00 ~20:30

参加可能人数

無制限

開催場所

オンライン

備考・補足

メンバーになると、クラスに参加するための視聴リンクやパスワードがマイページ及びメールに届きます。指定の方法でご参加ください。

アーカイブ

スクールまたはクラスに参加した方のみ表示されます
(すでに参加済みの方は、ログインしてください)

受講にはログインが必要です。

(月額・年額メンバー)ログイン・参加

※新規会員登録がお済みでない方は、こちらからどうぞ。

スポット受講について

LIFE Universityでは、月会費・年会費会員にならなくても
クラスごとに単発で受講することができます。

月額・年額会員ですと、3000〜4000円で
月2回以上のクラスに参加することでができますが、
スポット受講の場合、4500円/回〜の受講料がかかりますので、ご了承ください。

本クラスの受講料

5,500 円/回

※月額会員/年額会員の場合、1,500〜2,000円/回相当