Food & Material School

  • 食料や資源の「由来」と「未来」をデザインしよう。

「土壌」から描く食料と暮らし〜100億人を支える土壌資源は作れるか?〜

2021.9.9(Thu)

世界には肥沃な土は少ない(希少)です。世界には12種類ほどの土があると言われていますが、そのうち農業に向いた土は多くはありません。そして、その豊かな土壌の一つが日本に多く存在する、と言ったらきっと驚くことでしょう。

食料や繊維などを生み出すベッドとも言える「土(土壌)」。

よく「農業には土(土づくり)が大事だ」と言われていますが、どのような土が農業に適しているのでしょうか?土が豊かであれば肥料は不要なのでしょうか?そして、土は人の手で作ったり、豊かにすることはできるのでしょうか?

本クラス・リード(講師)には、前回に続き「100億人を養ってくれる肥沃な土」を探して世界中を飛び回る気鋭のサイエンティストを迎えます。土に注目した新しい技術や産業の可能性にも触れながら、これからの食料や繊維などの生活資源の持続的な未来を考えるクラスに、ぜひご参加ください。

講師・ナビゲーター

ログイン頂くと、詳細が見られます。

開催概要

プログラム・タイプ

オンライン生セミナー

開催日時

2021.9.9 19:00 ~20:30

参加可能人数

無制限

開催場所

オンライン

備考・補足

メンバーになると、クラスに参加するための視聴リンクやパスワードがマイページ及びメールに届きます。指定の方法でご参加ください。

視聴リンクなど

アーカイブ視聴

お申し込み・ ログイン いただくと視聴できます。

締め切りました